横山地区の先祖供養に行ってきました!(^^)!

3月10日河内町大多尾横山地区で先祖供養がありました

このお先祖供養とは昔から続く地域の行事だそうで、その名の通りご先祖様のご供養です

お坊さんのお経の後、婦人会の皆様が準備された食事を皆さんで食べられるようです。皆さんが集まり楽しく語らいながら、食事をいただくというのは本当にご先祖様も喜ばれるのではないでしょうか

私たち「ささえりあ金峰」も会食後の余興?に呼んでいただき「となり組」の歌・踊り・健康づくりのビデオ鑑賞、ストレッチ体操、指体操などをお伝えしました

皆さん笑顔で一緒に参加してくださいました。私たちも楽しかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康づくりは、良く体を動かす事、食事をバランスよく摂ることが大切です

ビデオでも勧められていたウォーキングは、身体だけでなく脳のトレーニングにも有効だそうです

指体操と共に続けて、皆様元気に過ごしてくださいね

 

芳野中学校にて職業講話を行いました

2月22日(金)芳野中学校にて職業講話を行いました

中学校から依頼を受け、ささえりあ金峰の管理者吉岡誠也が講師をさせていただきました

 

今回は、1学年の生徒さん10名に職業についてお話をしました

 

 

 

 

 

 

現在、中学校1年の「総合学習」の時間に、職業調べをするそうです。1学年で職業について学習し、2学年になり実際にいろいろな職場に出向き、事業所の職員と同様の仕事を体験する「ナイストライ」へつなげるそうです

10名という少人数での授業でしたが、芳野中学校の生徒さんたちはとても静かで、講師の話を真剣に聞かれていました

 

今回は

「社会福祉士」とは? どんな仕事をするのか?

医療機関や介護施設、在宅での仕事や役割について…

医療機関の中での職種別の仕事について…

医療機関と介護施設との関係性…                  などについてお話しました

 

 

 

 

「将来やりたい仕事はなんですか?」と質問をしても、中学生でははっきり答えることはできない生徒がほとんどです。仕事と言われてもどんな仕事があるか、今から勉強ですからね

 

はじめは「介護施設」を例にとり説明。いろいろな職種が組合わさって一つの施設として成り立っています。例えば、介護福祉士・理学療法士・看護師・社会福祉士・ケアマネージャー・訪問介護ヘルパー・事務職と…。一人の方に対して多くの職種が関わっています。その中で、社会福祉士は利用される方と施設を結び、様々な専門職と連携して在宅につなぐという大切な役割を担っています。すごいでしょう

まるで、野球チームのようですね

 

もう一つ、「緩和ケア」でのお話も

医療機関でのお話です。余命わずかという患者様の希望に対応する。社会福祉士として医師や看護師など様々な専門職との連携で患者様の希望にお答えすることができた事例を紹介。

お亡くなりになる直前その患者様から「ありがとう」と感謝された…

仕事として人間の生死に関係するって、大変なことですがやりがいもありますね本当に感動的なお話ですね

 

私たち「熊本市高齢者支援センターささえりあ金峰」も介護施設や医療機関と連携した業務を行っています.担当する河内・芳野地域の高齢者の皆様から寄せられる様々なご相談をお受けし、専門職のケアマネージャー・社会福祉士・看護師が対応します

お身体のこと・生活面での不安・介護サービスについて等ご相談の内容は様々ですが、住み慣れた河内・芳野でいつまでも元気に暮らしていただくためのお手伝いを行っています。

大変ですが、とてもやりがいのあるお仕事です

 

 

講話の途中…

生徒さんと「Oリング」を試しました

 

親指と人指し指でアルファベットのO(オー)を作り、隣の人の指と交差させ引っ張り合ってください

まず、「私はできる!私はできる!」と言って引っ張りあって下さい。

次に、「私はできない!私はできない!」と言って引っ張りあって下さい。

さあ、皆さんどうですか? 不思議と言葉に発した通りになるでしょう?

自分自身に「できる」と念じながら行うと、なんと本当にできるんです

 

人生は山あり、谷あり。これから先たくさんの困難を乗り越えて大人になっていく訳なのですが、ピンチの時は是非今回の「Oリング」を思い出して、打ち勝ってください

 

もう一つ職業を選択する際は「やりたい仕事」ではなく「好きな仕事」を選んでください。

好きな仕事であれば、少々困難なこともスムーズに対応できると思いますよ

これ、職業人としての先輩の私たちが実感していることです

 

 

芳野中学校の皆さん               

立派な職業に就かれることを期待しています

夢に向かって頑張れ

 

認知症サポーター養成講座 in 芳野小学校

2月21日(木)認知症サポーター養成講座を開催しました

参加者は32名♪今回の受講生は小学校5,6年生の皆さん

 

小学生は日中仕事に家にない親御さんたちに代わって、おじいちゃんやおばあちゃんと触れ合う機会が多くあります。これは高齢者の方のちょっとした変化に気づきやすい立場と言えます

 

・・・ということで、今年もお邪魔したのは芳野小学校

ささえりあ金峰管理者吉岡誠也が講師として、芳野小学校の生徒さんと一緒に認知症につて正しい知識・理解を学習しました

 

 

 

 

 

 

そして、今回は受講生が小学生の皆さんというとで、体を使って楽しく認知症の方の記憶の仕組みについて学習しました

 

 

 

 

 

 

青い球(情報)投げる人(目・鼻・耳など)青い球(情報)受け取る人(脳)に分かれて、記憶の伝達の仕組みについて学習しました

 

認知症の方は、受け取る人(脳)の数が減っており、青い球(情報)をうまく受け取れない状態。また、記憶を溜めておく箱の大きさも小さくなっているのです

 

そして、後半はグループワーク

 

 

 

 

 

 

 

①自分が認知症になったら、どんな気持ちになると思いますか?

②認知症の人を見かけたらどうしますか?

 

 

 

 

 

 

①自分が認知症になったら、どんな気持ちになると思いますか?というテーマでは、

・周りの人から仲間はずれにされたような気分になる

・怖くて寂しい気持ちになる

②認知症に人を見かけたらどうしますか?というテーマでは、

・優しく声をかける

・怒ったりしない   などの意見が出ていました

 

皆さん真剣に意見を出し合って、とても素晴らしい発表でした!(^^)!

最後に、認知症サポーターの証である“オレンジリング”を皆さんに配って講座は終了

 

これから地域を担う子どもたちにとって、今こういった学習をしておくことはとても価値のあることです。

皆さんには今回受講した内容を忘れず、大切にしていってもらいたいですね

 

~サロン「白浜いちょう会」に参加しました~

1月31日(木)、白浜地区のサロン「白浜いちょう会」に参加いたしました

今回のサロンには、白浜地域の高齢者約30名が参加されました。今年初めてということで、今回は新年会

余興を担当した私たち「ささえりあ金峰」はちょっとおかしな寸劇を行いました

 

内容は至って真面目…

 最近多い「悪徳商法」についてです

「悪徳商法」とは、高齢者をねらい高額な品物を購入させるといったものです

今回の寸劇も最初は「サービス」と言って怪しいメガネのセールスマンがおばあちゃんに高級品の無料プレゼント最後に高額な健康器具を売りつけたが、高額な買い物をしたおばあちゃんが買い物を後悔しているとお嫁さんに相談。お嫁さんは「ささえりあ金峰」のチラシを思い出し相談。クーリングオフという手続きを経て何とか高額な健康器具を購入しなくて済んだというシナリオでした。

    ささえりあ職員4名と地域の方2名で、芸能人顔負けの名演技

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、ささえりあ職員の熱の入った演技を見て、ときには笑い(大笑い)、時には真剣な顔でうなづきながら、楽しんでいらっしゃいました

「そぎゃんだもんなぁ」「あぶなかなぁ」「気を付けなん!」とそれぞれ口にしておられました

 

最後にささえりあ金峰からクーリングオフ手続方法をお伝えし、怪しい話には絶対にのらない。もし、変だなあと思ったなら必ず誰かに相談をする。

熊本市消費者センターや警察、そして私たち「ささえりあ金峰」へ相談していただくことなど、注意事項をご説明させていただきました。

 最近の傾向としましては、わすれた頃にこの悪徳な商法の話題が持ち上がる傾向にあります

皆さんの安全を守るためにも、情報の交換は必要ですし、重要です

 私たち「ささえりあ金峰」はそのような情報を河内・芳野地区全体に発信し、皆様の安全で平穏な暮らしを守れるよう協力して行きたいと思っております

   

             

 

 

ご相談はこちらまで

 

熊本市消費者センター 

    ☎096(353)2500

熊本市高齢者支援センターささえりあ金峰

    ☎096(277)2588

 

 

第4回 河内健康づくり凧揚げ大会!!

1月26日(土)白浜グランドにて第4回河内校区健康づくり凧揚げ大会が開催されました

私たちがグランドについたころには多くの人が集まり、子どもたちは自分の凧を引っ張り全力で駆け回っていました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、なんと

会場には、熊本日日新聞キャラクター「ぷれすけ」が駆けつけてくれました

 

 

 

 

 

 

 

ぷれすけは子どもたちに大人気

こう見えて小学校5年生ぐらいだそうです(貫禄たっぷり(-_-;)…)

一緒に○×ゲームをしたり、じゃんけん大会をしたり、子どもたちと楽しい時間を過ごしていました

 

 

さあ 大凧の登場です

当日は風が強く、大人が数人で抑えなければならないほどでした(・。・;

そして手を離すと…バサッ

 

 

 

 

 

グングン高度を上げ、大空高く大凧が揚がりました

いくつもの大凧が空を自由に泳ぐ姿は圧巻でとても優雅でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後には河内中学校の生徒さん達が作った連凧が天までまっすグに揚がっていました

 

 

 

 

 

 

 

見事に揚がる凧を見上げて、歓声が飛び交い、笑顔あふれる行事でした

◆いそぎんちゃくサロンへ行ってきました◆

平成25年1月17日いそぎんちゃくサロンに行ってきました。

毎月、河内コミュニティセンターでいそぎんちゃくサロンが開催されています。

ささえりあ金峰では、以前より地域高齢者の皆様に口腔機能の大切さについて学んでいきたいと考えておりました。そこで、今回は、西区役所の歯科衛生士さん、8020推進委員の方々、そして、熊本県スポーツ吹き矢協会の会長さんとそのお弟子さんが来られ、口腔ケアをはじめ噛む事の大切さ唾液の働き、唾液腺のマッサージの仕方や、手遊びを使った脳トレーニングなども教えていただきました。皆さんマッサージ後に唾液の出方が良くなり、驚かれていました。手遊びも脳の活性化には有効です。楽しみながら元気になんるなんて良いことですね

是非、お試しください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、歯科衛生士さんからご紹介があったんですが、現在106歳で元気に活躍されている昇地三郎先生の健康法について教えていただきました。

題して、サブちゃん十大「習慣健康法」

先ず、笑顔・ユーモア(人の輪に入ろう)

冷水摩擦(歯磨き・身だしなみ)

棒体操(1日の準備体操)

祈る(感謝の心・願い事)

一口30回噛む(脳の活性化、老化防止、小食)

語学講座を聞く(新しいことに挑戦)

新聞をよく読む(世界に通じる)

口八丁足八丁(人生は24丁)

日記を書く(毎日ペンと執る)

硬いマットに寝る(背骨・腰をのばす)    です

 

私も①笑顔②スクワット(20回/日)③一口30回噛むことを心がけていきたいと思います

 

今回が初めての体験だったのですが、スポーツ吹き矢も教えていただきました。このスポーツ吹き矢というのは、健康を目的としたスポーツだそうです。

長さ120㎝の筒にビニールの矢を入れて息を深くすいこんで、目標めがけて一気に吹きます 的の真ん中に当たるとスッキリととても気持ち良かったです。

思いっきり吸い、そして、吐き出すための胸式呼吸、複式呼吸を使うことで胸筋、腹筋が鍛えられるそうです。口腔機能を高めるためにも有効です。参加された皆様にもたいへん好評でした。機会があったら是非、お試しください

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、ここ、いそぎんちゃくと言えば最後に出して下さるお食事です

この時のメニューは七草粥、茶わん蒸し、ぶりの照り焼き、竹輪の煮物、小豆入りコーヒーゼリーでした

とっても、おいしかったです。ごちそうさまでした

 

 

 

もちつき and どんどや in 東門寺♪

1月14日(月)東門寺夢の架橋主催の東門寺農業交流体験が行われました。

当日は30人以上の方が参加されており、ALTの先生方も9名参加われていました。

今回の交流体験の内容は、タイトル通り… 「もちつき」と「どんどや」です

 

まずは、もちつき

蒸したもち米を機会でグルグルコネコネ

ある程度米粒がつぶれたところで、本格的に杵と臼を使ってもちつき開始

 

ささえりあ男性職員は、杵を持ち若い力で皆さんをバックアップしました

 

 

 

 

 

ALTの先生も子どもたちも腰を入れて エイッエイッ

これぞ日本の文化といった感じですね

 

 

 

 

 

 

お手製の名札です。子どもたちの背中に

貼り付けてあります。しっかり自己アピールしましょう

Let’s speak English

 

 

 

 

ついたモチは、あんこもちやチーズもちにしました

おもちinチーズは、ALTの先生方からの提案だそうです。おもちとチーズってすごく合うんですよ

皆様も是非お試しください、絶品です

 

 

 

 

 そしてランチタイム

 

私たちささえりあ女性職員は配膳のお手伝い…

meet  in ?  聞きながらのお手伝い

 

 

 

 

 

 

一人ひとり自己紹介の後,英語も飛び交い国際的なランチタイムです

 

 

 

 

 

 

 

 

もちつきと同時進行で地域の奥様方も早朝から料理の仕込みを始めていらっしゃいました。大鍋にたくさんの野菜を煮込み豚汁作り。それぞれ持ち寄った自慢の料理などテーブルいっぱいに

(ベジタリアンの方の為に肉なしのものも準備されていました)

 

そして、午後からは どんどやです

 

去年ついたおモチを竹の先にくくりつけたら、どんどやの準備は万端

 

 

それぞれ一人1本用意された竹を持ち、いざ、どんどやを開催する東門寺憩いの家広場へGO

 

 

地域全体にどんどや開始の放送が流れ、約70名の地域の方が広場へ集まりました

 

 

焼けたおモチをちぎって食べると、一年健康で過ごせるそうですよ私たち、ささえりあ職員もがんばって頬張りました

 

 

 

年の初めのこの行事。どこの地区でも行われておりますが、こんなにたくさんの外国人の先生方がいらっしゃって、英語も飛び交うどんどやの光景はちょっとめずらしいですね

これからも、東門寺地区の皆さん一丸となって地域づくりに取り組んで行かれることと思います

 

私たち「ささえりあ金峰」も皆様のお力になれればと思います

 

 

平成24年度 河内・芳野校区認知症啓発実行委員会

1月16日(水)ささえりあ金峰事務所2F会議室で平成24年度河内・芳野校区認知症啓発実行委員会を開催しました

認知症啓発祭事は、地域の皆様に認知症に対する正しい知識や理解を深めていただき、認知症の方を地域の中で支えあう地域づくりを目的として開催しています。

今回の会議では、2月16日(土)に行う認知症啓発の講演会について話合いました。

 

 

 

 

 

 

今回はみゆきの里認知症対策室長の川畑智様にお越しいただき、講演していただきます。

テーマは…

「最後まで、河内・芳野でくらしたかぁ!~みんなで考える、認知症の理解と予防~」

 

 

これから高齢者の方の数が増えていく中で、認知症の方の数も多くなってきます。

認知症がどういうものか、認知症の方とどうかかわればいいのか。この講演会を通して多くの方に知っていただければと思っています.

 

認知症の方がいつまでも河内・芳野でくらしていけるような地域づくりのために、みなさん是非ご参加ください

また、今回もささえりあ金峰が実行委員会事務局となっておりますので、気軽にお問合せください

 

 

 

平成24年度第3回地域包括支援センター地域運営協議会

1月25日(火)ささえりあ金峰事務所2F会議室で平成24年度第3回地域包括支援センター地域運営協議会を開催しました

 

今回は15名の地域運営協議会委員の方にご出席いただき、

活動報告や2月16日(土)に開催予定の認知症啓発講演会の

ご紹介を行いました。

 

 

また、今回は高齢者支援センターささえりあ武蔵塚から宮本様にお越しいただき、九州北部豪雨災害時の状況や対応についてお話していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

ささえりあ武蔵塚の担当地域は龍田・武蔵塚・弓削。昨年の九州北部豪雨により多大な被害を受けた地域を担当されています。この経験を通して宮本様は、災害時の対応に欠かせないのは“地域の力”と話されました。

情報の共有や応援要請など、地域の人が協力して行える地域づくりが必要なのですね

 

未然に防ぐことのできない災害にどう対応するのか。今回の貴重なお話を河内・芳野校区の地域に当てはめて“地域の力”をより強くしていけるように、私たちもお手伝いさせていただきたいと思います

 

 

 

◆芳野校区成人を祝う会◆

1月12日(土)芳野校区社会福祉協議会主催による「芳野校区成人を祝う会」が開催されました。

今年は、新成人23名のうち19名が出席されました。

 芳野校区成人を祝う会は、毎年、芳野校区社会福祉協議会によって開催されており、地域の一大イベントです。熊本市全体としては14日に成人式が行われる予定ですが、このように校区でも成人式を行う地域は珍しいでしょう。地域のつながりの深さと温かさをあらためて感じました

芳野校区成人を祝う会は2部構成になっており、第1部は式典で第2部は新成人と来賓・社会福祉協議会役員・自治会婦人会など様々な地域の方々と一緒に新成人をお祝いしました

 

 

     (式典の様子)                   (地域の役員の方々と) 

 

 

                                                  

 

 

                               (新成人集合写真)

 

                         

第2部の祝賀会では、新成人一人ひとりが近況や今後の抱負などを語り、その後、新成人みんなで中学校校歌を熱唱

新成人みんなの若さあふれるパワーと頼もしさを感じました

 

(祝賀会の様子)                                        (中学校校歌を熱唱)

                       

 

 

 

 

(新成人の抱負)

 

 

今回は、マスコミ取材もいつもより多く、新成人の方々もちょっと緊張(?)されていました。

「芳野校区成人を祝う会」の模様は、1月23日(水)16:00~RKKにて放送されます。皆様是非ご覧ください