☆芳野小学校 認知症サポーター養成講座☆

平成26年2月21日(金)に芳野小学校で、認知症サポーター養成講座を開催しました

今回の講師は、ささえりあ金峰センター長の吉岡誠也が行いました。平成22年から継続して行っており、5・6年生に一緒に受けてもらってます

昨年は、「認知症の方の記憶の仕組み」を学習しました。今年は、「僕のおばあちゃん」という題目で、担任の先生とささえりあ金峰のスタッフで認知症のおばあちゃんの紙芝居を行いました

後半はグループワークを行い、みんな一生懸命に意見を出し合いましたグループワーク後に発表をしていただきましたが、写真の黒板にあるようにたくさんの発表がありましたました黒板の絵は、テキストのイラストを先生が描かれました  スゴイ

子供達から「一緒に暮らしているおばあちゃんが認知症なので、助けてあげたい」などの意見が出て、私達も感激しました

子供達も話し合いをする事で、認知症を正しく理解し、自分だったらどういう風に話しかけて接するかを考える良い機会になったと思います。ただ話を聴くだけではなく、「自分だったら」という事をみんなで考える事が大切な事ですね

今後も養成講座を重ねて行き、子どもたちに認知症への理解がつながるようにと考えています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です