◆「いそぎんちゃく」に参加してきました◆

11月15日河内温泉コミュニティーセンターで毎月開催されているサロン「いそぎんちゃく」に参加してきました。このサロンは始めてから10年以上になるそうです

毎月いろいろ楽しい催しが行われております

この日もクリスマスキャンドル作り、健康体操がありました

 

 

 

 

 

 

皆さん好みのお花やキャンドル、リボンを選ばれ楽しく制作されました

そして、世界に一つだけの素敵なキャンドルが出来上がりました

そのあと、リバーサイド熊本居宅介護支援事業所の方々によるストレッチ体操、ボールを使った筋力トレーニング、物忘れ防止のため指先を使った脳トレーニングが行われました

皆さん寒さのために硬くなった筋肉もほぐれ、体も心もリラックスされたようでした

 

 

 

 

 

 

それから『いそぎんちゃくサロン』の自慢と言えばお料理です塩分控えめでバランスがよく、とても美しいお料理にいつも感心しております今回はささえりあ金峰のスタッフも調理を教えていただきながらご支援、お手伝いしてまいりました

ほら、なんとか、がんばってるでしょ・・・・

 

 

 

 

出来上がりはこの通り

 この日のメニューは・・・『きのこの炊き込みごはん』『ハマチの照り焼き』『紅白なます』『つくね汁』『りんごケーキ』でした

写真はお持ち帰りの方用です。皆さんと一緒に食べたときは、器に綺麗に持ったんですが写真を撮るのをすっかり忘れて食べてしまいましたカロリーは500kcalくらいで野菜たっぷりのお食事でした。もちろん“とってもおいしかった”です

 

「認知症キャンペーン2012 in くまもと」に参加しました!

  11月4日(日)、熊本県内4会場(熊本会場、天草会場、荒尾・玉名・長洲会場、八代会場)で認知症啓発キャンペーンが繰り広げられました

熊本会場では、熊本市交通局に於いてちびまる子ちゃんの啓発ラッピングがほどこされた熊本市電の出発式が開催されました。

天草会場では、バスにちびまる子ちゃんのラッピングがほどこされ同様に出発式が開催されました。

出発式のセレモニーでは、認知症の人と家族の会熊本支部長の米満代表をはじめ、樺島熊本県知事・幸山熊本市長・くまもんがテープにハサミを入れ盛大な出発式となりました

 

その後、幸山熊本市長やくまモン・熊本市内11の中学校から参加してくれたジュニアヘルパーの皆さん・家族の会会員により広報チラシが配布され、他にパネルの展示・タッチパネルの体験コーナー・認知症相談コーナーなどが設けられ啓発活動に盛り上がりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをご覧の皆さまも、ラッピング電車やバスを見かけたら 認知症の人や家族の皆さんに理解とご協力を、よろしくお願いします 

 

ラッピング電車はこんな感じです

   

 

 

よろしくお願いいたします

 

 

河内町西区サロンに参加しました!!

H24年10月17日河内町西区のサロンに参加しました

このサロンは、同じ地域に住んでいながら「会う機会がない」「集まる機会を持ちたい」など高齢者の皆様からご要望があり立ちあがったサロンだそうです

現在リバーサイド熊本居宅介護支援事業所の皆さんがお手伝いされており、月に1回(第2水曜日)西区公民館で開催されています。

今回はリバーサイド熊本の職員の方による筋肉をほぐしたり収縮・進展させる運動の指導や指を動かす脳トレーニングもありました。

高齢者の皆様と一緒にやってみましたがなかなか難しかったですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体をゆっくりほぐした後は私たちささえりあ金峰が登場です

今回はロコモティブシンドロームについてお話し、ロコモ体操をお伝えしました。ロコモティブシンドロームとは年齢と共に骨や関節・筋肉など運動器の働きが低下することを言います。

予防するためには日々の運動が重要です

この日はロコトレ(ロコモーショントレーニング)のうち、「開眼片脚立ち」と「スクワット」をご紹介してきました。

開眼片脚立ちとは目を開けた状態で片脚で立つ状態のことです。

1分間の目安で立っていただくのですが、かなり長く感じます

それに触ってみるとお尻や太ももの筋肉が緊張しているのがわかります。

スクワットは「相撲の股割に似ているね」など皆さんと話しながら行いました。転倒しないよう足の力をつけたいと思われている方は是非、やってみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

東門寺農業体験交流会

10月28日(日)東門寺農業体験交流会が行われました

 

今回、この交流会に参加された方は約50名

毎回参加されるご家族から、初めて参加する方も。その中にはALT(外国人指導助手)の先生方もおられ、子どもたちと様々な体験をされました

 

当日の朝は、あいにくの雨模様。。。

しかし、それくらいで東門寺地区はひるみません

 

予定していた稲刈りは中止し、代わりに『マスのつかみ取り』へ変更

東門寺公民館の敷地内に手作りの池が出現し、一斉にマスが放流されました

 

 

 

子どもたちの歓声とお母様たちの絶叫がこだまし、マスのつかみ取りがスタートしました

 

 

 

 

初めは腰引けていた子どもたちも、徐々に泳ぐ魚に慣れてきて・・・ガシッ

子どもたちの元気の良さにマスも身の危険を感じたのか、動きが俊敏に

 

 

 

 

 

 

しかし、終盤には子どもたちもズボンもめくって池に入り・・・ガシッ

初めての経験に子どもたちはとてもイキイキとして楽しそうな笑顔でした

 

そして、捕まえたマスは竹串にさして、塩をぬって網でバーベキュー

(とっても美味しかったですよ♪)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ささえりあ金峰もお手伝いささていただき、地域の方の取り組みを身をもって体験することが出来ました。

このような体験を通して、子どもたちは命の大切さ、自然の素晴らしさを学ぶことが出来たと思います

 

この貴重な体験を子どもたちには、たくさんしてもらいたいですね

 

 

熊本CityFMで『ささえりあ』が紹介されました

10月26日(金)ラジオ番組“校区のチカラ”でささえりあが紹介されました

 

校区のチカラは「自分たちの校区は自分たちで守る」を実践している市内81校区の取り組みを紹介している番組で、今回は“ささえりあ”って何?というところから、どのような取り組みをしているのかなど、ささえりあについて知ってもらえる様な内容でした

 

そして、この取材に市内27か所のささえりあを代表(!?)して向かったのは・・・

 

左端のスーツの男性、見覚えありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

よく見えません?

 

 

それならば、アップで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです我らがささえりあ金峰管理者の吉岡誠也です

「熊本市中にささえりあをPRしてみせる!!」との意気込みで、スタジオへ

放送では、ささえりあの役割についての話に加え、私たちささえりあ金峰が担当する河内・芳野校区の特徴や認知症サポーター講座の開催など、地域の方が安心して暮らせる地域づくりの取り組みについてお話しさせていただきました

 

そして、高齢介護福祉課の方より、認知症についてのお話もありました。

そこで紹介があったのが『認知症啓発キャンペーン2012 in くまもと』

熊本県内の4会場で、物忘れタッチパネル体験や展示パネルなど認知症をわかりやすく理解できるイベントです

当日は『ちびまる子ちゃん』のラッピング市電が走り、あの国民的ゆるキャラ『くまモン』もやってくるみたいですよ

気になった方は、『認知症啓発キャンペーン2012 in くまもと』をLet’s 検索

 

 

放送中には先日ブログでもご紹介した、ロコトレ(ロコモーショントレーニング)も披露させていただきました

(まさかラジオでスクワットするとは・・・

 

 

 

 

 

 

パーソナリティの水野さんと高智穂さんの軽快なトークでスタジオも良い雰囲気で放送は進行しました

この放送で、少しでも多くの方々にささえりあの存在を知っていただき、「困った時はささえりあに相談してみよう」と思っていただければと思います。

もちろんっささえりあ金峰にもぜひお越しください