第107回河内校区敬老会(リバーサイド熊本 居宅)

平成30年9月23日
第107回 河内校区敬老会が開催されました!!
ご長寿おめでとうございます。
秋晴れの中、多くの方が参加され賑やかな会となりました。
式典の後は、お待ちかねの余興があり皆さま楽しまれていました♪
座ったままできる体操やヤングマンの曲に合わせて、Y~M~C~A~と腕を大きく上げられ盛り上がりました。
皆さまのお元気な姿を拝見し、私たちもパワーをいただきました!!ありがとうございました。

平成30年度 松尾北地区敬老会に参加しました(リバーサイド熊本 居宅)

平成30年9月16日
松尾北地区の敬老会が開催されました。
約40名の方が参加され、日頃から仲が良い地域の皆様はまるで大きな家族のような温かいお祝いの会でした。

リバーサイド熊本からは居宅と特養から3人の職員で参加させて頂き、健康長寿を願いこの先も元気に過ごしてもらえるよう体操をしてきました。
椅子に座ったままの体操でしたが思ったよりも運動量があり、「意外ときつかったなぁ」「汗の出た!」などの声も聞かれ楽しんでいただけたようです。

今年はハーモニカ演奏と日舞のボランティアさんも来られ、懐かしい歌や踊りを楽しまれました。
最後のおてもやんの踊りでは皆さんも一緒に歌われ手拍子を取りとても盛り上がりました。

認サポ in 尚絅大学短期大学部(リバーサイド熊本 居宅)

7月12日(木)尚絅大学短期大学部にて認知症サポーター養成講座(講師:吉岡誠也)をさせて頂きました。今回は、食物栄養学科と総合生活学科の皆様へ開催させて頂きました。これから、医療機関や介護施設などに実習に行かれるとのことで、「認知症の方への対応や治療、生活の様子などを聞きながら栄養士としてどう関わっていくかなど考えていきたい。」と話されていました。これから始まる実習や就職活動頑張ってください(^_^)

認サポ in 熊本電子ビジネス専門学校(リバーサイド熊本 居宅)

6月27日(水)熊本電子ビジネス専門学校にて認知症サポーター養成講座(講師:吉岡誠也)をさせて頂きました。担当の先生より「今後、ますます少子高齢化やICT化が進む中で、社会に必要とされる人材を育成し、医療事務や介護事務、一般企業などへの就職に繋げていきたい。特に高齢化が進むことで、仕事や生活においても認知症を理解し、正しい理解と対応をして今後の人生に活かして欲しい。」と熱い思いを話されていました。
受講された学生の方からは、「介護や福祉の分野でも自分たちの活躍の場や役割があることを知った。認知症の方を見かけたら手伝ってあげたい。」などの感想を頂きました。
これから、就職活動の時期になりますが、学生の皆さん頑張ってください(^_^)

蒼ノイエ☆3周年記念祭☆(リバーサイド熊本 居宅)

3月21日(水)コミュニティテラス蒼ノイエで3周年記念祭を開催しました(^_^)
会場には、日頃からご利用頂いている地域の皆様や地域役員の方、老人会、小学生、小学校の先生や保護者などたくさんの方にお越し頂きました。
前半は、1Fで認知症カフェ蒼ノイエ、2Fは体力測定や健康体操(100歳体操)を行い、みんなで健康を考え、体力測定や認知症予防について体験しました。
その後は、白浜分校の小学生による合唱。小学生の元気な歌声に、地域の皆さんや高齢者の皆さんが笑顔になり、たくさんの元気をもらいました!
後半は、玉名市のゆるキャラたまにゃんもお祝いに駆けつけてくれました。かわいいキャラの登場で、子供たちも大喜びでした。
最後は、ウクレレユニット「スイカ」さんのミニLIVE♪
スイカさんのすばらしい演奏と途中に芸能人?八っ代亜紀さん??登場など色々なサプライズ!?などもあり、小学生や地域の皆様、たまにゃんも一緒にみんなで大変盛り上がりました\(^o^)/

コミュニティテラス蒼ノイエは、これからも地域の皆様が健康で楽しく安心して過ごせる地域づくりを目指して活動していきます。

来年も4周年記念をお楽しみに~!!

雪景色(リバーサイド熊本 居宅)

今年の冬は寒いですね。
金峰山の中も今年は何度も雪が積もります。

みかんの木も雪で白く染まりました。

リバーサイド熊本の駐車場には、カワイイ雪だるまが作れるくらい降りました。

インフルエンザもまだまだ流行っております。
皆さま、手洗い・うがい・マスク着用で予防を行いましょう!!

謹賀新年2018(リバーサイド熊本 特養/ユニット/通所介護/居宅/訪問介護)

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
ご利用者、ご家族、地域の皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
さて、平成30年は4月に医療報酬改定および介護報酬改定のダブル改訂が予定されており、私たち介護事業所においても大きな変革の年となります。世界一の長寿国である日本の医療と介護制度は、更に病院や施設での療養から自宅での療養へと転換していくことが予想されており、高齢者や介護保険サービス事業所を取り巻く環境はますます厳しいものになっていくものと思われます。
私たちは、そのような変化の中でも、常に安定的で安心して過ごせる介護サービスを提供していかなければならないと考えております。また、地域の皆様が住み慣れた地域でいつまでも元気で過ごして頂けるよう、地域づくりのご支援、介護予防・健康増進活動を積極的に行って参ります。
今年は戌年ですね。これまで以上に「ワン!ランクアップしたサービスの提供」を目指し頑張って行きます。今年も宜しくお願い致します。
本年の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申しあげます

平成三十年 元旦

特別養護老人ホーム リバーサイド熊本
職員一同

平山ミニデイでクリスマス飾りを作りました!(リバーサイド熊本 居宅)

昨年に引き続き、今年の12月平山ミニデイでクリスマスの飾り作りをしました。

手作業の前に寒くてこわばった体をほぐすための体操と紅白旗揚げゲームで頭と体のスイッチをいれます。
「赤上げて!白上げない!」
上げない!って言っても勝手に上がっちゃう~(笑)


ゲームで盛り上がった後にはお楽しみの飾り作り。
昨年は折り紙でクリスマスツリーのカードを作りましたが、今年は毛糸のポンポンでクリスマスリース作りに挑戦!
一人一人配られた材料を見て
どうやって作るのか?
ポンポンをどう配置するのか?
考えるより先に手が動き出しちゃう人も・・・

ドーナツ型の厚紙に毛糸をぐるぐる巻きつけて、その上に毛糸のポンポンを結び付けていきます。

巻きつけ始めるとみんな真剣!
黙々と巻き続けます。


ポンポンの隙間にはどんぐりも貼りつけてかわいいリースができあがりました!
作品と一緒に「はい、チーズ!」

「昨年作ったカードと一緒に飾らなんね~♪」と嬉しそうに持って帰られました。

RUN伴熊本 西区エリアを走りました!(リバーサイド熊本 居宅)

平成29年11月11日(土)
秋晴れの美しい青空のもと、RUN伴熊本に参加しました。

『RUN伴』とは
認知症の人や家族、支援者、一般の人がリレーをしながら一つのタスキを繋ぎゴールを目指すイベントです。
認知症の人と一緒に誰もが暮らしやすい地域を創るというコンセプトで2011年から全国で毎年開催されています。

西区はささえりあ熊本西圏域の海側コースとささえりあ金峰圏域の山側コースの2コースがあり、リバーサイド熊本の職員5名とささえりあ金峰の職員1名の合計6名が山側コースを走りました。居宅介護支援事業所からもケアマネの松浦が参加しました。

山側コースのスタートは河内町白浜のコミュニティテラス蒼ノイエ。
青い建物がこの日だけはオレンジに染まりました。

スタート前の意気込みは充分!

長洲町を走ってきたランナーさん達が無事到着。
近所から応援に来て下さった方と一緒にオレンジの紙テープで歓迎☆

タスキを受け取り、いざ、スタート!!

この日は北風が強く、旗を持って走るランナーは風にあおられながらのランニングでしたが、沿道や施設からの応援に力をもらいました♡

河内町を走った後は花園校区を走りました。
花園小学校の前では小学生や近所の方がRUN伴の旗を振って応援してくれました。
花園校区も坂道の連続でくじけそうになりましたが、沿道の声援が力になり無事ゴールにたどり着きました。

ゴールのはなぞのケアセンターでは利用者様たちや職員さん達がオレンジ色一色で迎えてくれました。

あまりの大歓迎ぶりに驚きと嬉しさで笑顔いっぱいのゴールになりました。

このイベントに参加したことで、地域の皆様の認知症への関心が高いこと、地域の繋がりに力を入れておられることを感じることができ、とても有意義な1日になりました。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

認知症サポーター養成講座in尚絅大学短期大学部(リバーサイド熊本 相談/居宅)

7月20日(木)尚絅大学短期大学部食物栄養学科にて認知症サポーター養成講座(講師:吉岡誠也)をさせて頂きました(^_^)
学生の皆様は、これから医療機関や福祉施設等で実習をされるとのことで、講座や実習を通して高齢者や認知症について知り、理解を深め、実習や就職後の仕事、地域づくりに少しでもお役に立て頂けたら幸いです。学生のみなさん実習頑張ってくださいね(^_^)/
講演の機会を作って頂きました大学や先生方ありがとうございました。